デザインに凝れるのが特徴!オススメの婚約指輪の種類

2016年4月24日

婚約指輪にはデザイン上の制約が少ないので…

結婚指輪は毎日身に付けるものなので、あまり突飛なデザインを採用することはできません。石が付いているタイプや、腐食に弱いタイプのものを選択すると、長く使っていくことは難しくなります。ですが、婚約指輪は毎日身に付けるものではないので、そうした心配がありません。どういったデザインにしても喜んでもらえることでしょう。素材やデザインについて制約がほとんどないので、個性を出すならここになります。自分らしい婚約指輪でプロポーズをするといい結果が得られるかもしれません。

大きなダイヤモンドは女性の憧れ

結婚指輪には大きなダイヤモンドを付けることは難しいですが、婚約指輪ならその点は自由です。数カラットの巨大なダイヤを付ければ、女性も喜んでくれることでしょう。ダイヤモンドは永遠の輝きと呼ばれていて、永遠の愛を象徴しているとも言われています。大きなダイヤモンドの付いた婚約指輪をもらうことは、多くの女性にとって憧れです。一生に一度の機会なのですから、数カ月前から準備をして立派なダイヤモンドの付いた指輪をプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

ハンドメイドのハワイアンジュエリーも人気

婚約指輪は、ハンドメイドをするのもいいでしょう。ハンドメイドなら、世界に一つだけの指輪が作れますし、他の人と被ることもないです。思い入れの強い指輪になるのでいいですよね。自分で作るのもいいですが、職人に作ってもらうのもオススメができます。職人が作るハンドメイドの婚約指輪としては、ハワイアンジュエリーが人気を上げてきています。ハワイアンジュエリーは非常に派手なデザインなので印象深いプロポーズができることでしょう。

婚約指輪」とは男性から女性へ婚約の証として渡すものです。由来は、エジプトの象形文字で「結婚」は円で描かれ、永遠に途切れぬものを表し、指輪の円形の形にその意味を重ねることで表現したと言われています。